川崎医療生活協同組合 川崎協同病院 理学療法士・作業療法士・言語聴覚士募集案内

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士募集案内

薬局長挨拶

「食事ができる」「歩くことができる」その方の持つ力を引き出すサポートをするのが私たちの仕事です。

  私たちは、病気やケガなどで日常生活能力が低下した患者さんに対し、身体機能・精神機能の両面からアプローチを行い、より自立した生活ができるよう、リハビリテーションを提供しています。
 そのためには、疾患だけをみるのではなく、その方の生活背景や生活環境も含め「人」をみることのできるセラピストを育てていきたいと考えています。
 川崎医療生協は、地域に根ざした医療・介護を提供するために、他事業所とも連携した活動を展開しています。
 当法人を新しい職場として考えられている皆さん、ここにはセラピストとして、人として成長できる環境があります。また、当院ではチーム医療を重視しています。他職種を交えてのカンファレンスでのやり取りや、先輩セラピストからのていねいなサポートがあるため、安心して研修を受けることができます。  まずは当院に来て、雰囲気をみて、多くのスタッフと話をしてみてください。心よりお待ちしています。

川崎協同病院 リハビリテーション科 科長 田中 祥太 川崎協同病院 リハビリテーション科 科長 田中 祥太

職場紹介

 リハビリテーション科には、理学療法士30名、作業療法士25名、言語聴覚士4名が常勤しています。スタッフは20代が多く、若さと活気にあふれ、率直に意見を言い合うことができる職場となっています。リハビリの質の向上のための「学習会」も盛んに行われ、皆でともに成長していこうという雰囲気があります。チーム医療にも力を入れており、病院内の他職種の参加で話し合う「ケースカンファレンス」や、退院後の患者さんの生活環境をご家族やケアマネジャーと話し合う「担当者会議」などを行っています。

※職員数は2016年1月現在

初期研修プログラム

 病院内は、整形疾患中心の回復期病棟、脳血管疾患中心の回復期病棟、一般病棟・外来の3チームに分かれています。当法人の他事業所では、デイサービス・デイケア・老健施設・訪問リハビリなど、急性期〜生活期までの幅広い研修を行います。
 3年〜4年をかけ、社会人として、セラピストとして必要な基本的な力を身につけると同時に、「患者さんの立場に立って」さまざまな視点から患者さんと向き合うことができるよう、研修を通じてたくさんの経験を積んでいきます。

新入職員には、4年目以上のスタッフが業務・臨床の指導者としてサポートします。

1年目には、3か月に1回の振り返りを行い、個人目標の達成度や今後の課題等を整理する場を設けています。

自分たちの研修は自分たちで作ることができるよう、研修者からの意見を取り入れ、よりよい研修プログラムになるよう議論しています。

福利厚生

 安心して仕事が続けられるサポートシステムを完備しています。4週8休の勤務体制をベースに、休暇の取得にも配慮して、スタッフ内の調整のもとに進めています。

サークル・クラブ活動
サークル・クラブ活動

 勤務外にもスポーツを通してスタッフ間で交流をしています。フットサル・ボウリング・バスケットボール等のサークルがあります。

院内保育園 リフレッシュ休暇 各種共済割引 労働組合運営の各種活動 その他
院内保育園 リフレッシュ休暇 各種共済割引 労働組合運営の各種活動 その他

川崎協同病院のご案内

 当院は全日本民医連、医療福祉生協連に加盟し、「私たちは、無差別・平等の医療・福祉を、地域の皆さまとともにすすめていきます」という理念に基づいて医療活動を行っています。

許可病床数 267床(一般病床:175床/回復期リハビリテーション病床:92床)
職員数 562名(2015年12月時点)
診療科目 内科、外科、小児科、婦人科、整形外科、消化器内科、呼吸器内科、循環器内科、精神科、神経内科、泌尿器科、皮膚科、麻酔科、眼科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、腎臓病・透析内科
指定機関 救急告示医療機関、労災指定医療機関、公害指定医療機関、結核指定医療機関、精神指定医療機関、優生保護指定医療機関、川崎市ガン相談指定医療機関、川崎市予防接種個別協力医療機関、川崎市健康診断指定医療機関

その他の事業所

 川崎医療生協は、川崎協同病院を中心に医療福祉のネットワークを広げ、地域の皆さまの健康と生活を支えます。

事業所マップ(PDF)ダウンロード